書評

『時間もお金も増える習慣』を読んでみた感想!! 自分の習慣を見直して目標を設定してみた

やす田
やす田
こんにちは、やす田です。皆さんは今の生活で満足していますか?今回は自分にエンジンをかけてくれる書籍を紹介致します。

いつもお読みいただきありがとうございます。

川越に越してきて初めて図書館に行ってきました!!秋田の方が種類や品揃えが多い気がします。

今回は『時間もお金も増える習慣』という本を借りてきました。
いや、私は今無職だから時間だけはあるのですが(`・ω・´)
時間もお金も増える習慣
OLだった著者が実際に夢を叶える為に行った習慣の紹介をしています。
実践者からの声だと何となく興味がもてますね。

今回は無職だけど退職金や失業保険のおかげでさほど欲望の無い私が読んで思った感想などをまとめています。

この記事でわかること
  • 『時間もお金も増える方法』の概要
  • 著者・米山彩香さんという人物について・SNSなどまとめ




著者 米山彩香さんについて

やす田
やす田
徹底した時短を行い、ネットビジネスを中心に活動している女性。

実をいうと具体的に何をしているのかはよく分かりませんwwwww
著書を読む限り、インターネットビジネスやコンサルなどで生計を立てているようです。
本の中でも、自分の塾を持っていて生徒たちに教えている立場だと明かしています。

社会人時代に大学院に通いながら弁理士を目指していた(その後挫折)という過去から、大変に勉強の熱心な方という事が伺えますね。
SNSやブログなどで情報を発信し、その後セミナーの主宰など人に教えるところまでを行っております。

ayakaプロフィール | ayaka公式ブログ|ゆるく楽しく気ままに (teamayaka.com)
4/1発売『働くオトナ女子のためのゆるっと習慣』(@ayaka777a) • Instagram写真と動画
(7) Ayaka Yutori | Facebook

これで利益をあげられているのは純粋に凄いですが、個人的には”ゆとりある生活のヒント”などの発信&セミナーでこんなに収入って増えるんですね!!やぁちゃんびっくり!!

主な著書

働くオトナ女子のためのゆるっと習慣 毎日のモヤモヤ プチストレスが すーっと消える
やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法 単行本
好きなことだけして一生お金に困らない 人生をストレスフリーに変える方法 単行本

著書も生活にヒントや習慣の紹介が主な感じです。
こういうのって内容が被ってしまったりしないんだろうか。

『時間もお金も増える習慣』の概要

やす田
やす田
実際に20代のOLが働きながら起業するまでに行った習慣の紹介と体験談を綴っています。
著者 米山彩香
刊行年月日 2020年2月16日
価格 ¥1,300(税別)
体裁 46判/200ページ/ソフトカバー

『時間もお金も増える習慣』の目次を少しだけ紹介

  1. 今やっておくべき5つのこと
  2. 時短の習慣
  3. 人間関係の習慣
  4. 思考の習慣
  5. お金の習慣

上記の5章から成っていますが、章の中でも細かく分類されています。
だいたい↑こんな事がわかりますよ!!

やす田
やす田
挿絵などは無いのですが文字数は多くないのでサクサク読めちゃいます。読むのが遅い私でも1章あたり15分くらいでした。

とてもシンプルにまとめられている他、具体的な例も掲載されています。

すべて『副業!!』『ビジネス!!』という感じでもなく、著者のOL時代の話が多いのでただ普通に働いているだけの人でも実践できる内容かなといった感じ。

重要事項は太線で記載されているので大切な場所もしっかり把握できます。

こんな人におすすめです

  • 仕事をしながら自分の時間を確保したい人
  • 副業を考えている人
  • 夢を叶えたい人

など。上記でも説明した通り、働き方のヒントも書かれているので今のお仕事に役立てたい方も参考に出来そう。

また、働きながら夢を叶えたという方なので、自分の刺激にもなりますね。
起業する前は会社の隙間時間で副業も行っていたという事ですから、同じように考えている方は一度読んでみても良いかも。



感想・評価

やす田
やす田
どちらかというと当たり前というか『だよなぁ』という感じで新しい気づきは無かったです。

何ていうか、意識高い系の人たちが日々Twitterで発信しているような内容でした。
私もTwitterのプロフ欄に『初心者ブロガーです』なんて入れたら、自由な生き方で稼いでます的な方が何名かフォローしてくださったのですが、よく本書の内容の様な事を毎日ツイートしています。

正直、本にしなくても(´・ω・`)と思ってしまいました。
なぜなら、ネットで検索かけると似たような内容を様々なブログやSNSで読む事が出来るからです。

しかし、米山さんも本書の中で触れていますが、セミナーなどでも何かを学ぶためには安すぎても内容が薄いので5万以上かけると良い、とあります。
1冊¥1,300程度、図書館では無料貸し出しされているような本では深いところまでは教えてくれないということでしょうか(;´・ω・)
米山さんの実際のセミナーではもっと濃い内容が学べるかもしれませんね。

他にはオフィスにて活かせる習慣も紹介されています。

やす田
やす田
確かに時間を捻出したり周りと上手に付き合えるノウハウが紹介されており実践すべきことではありますが、人それぞれ向き不向き、または社風でも違いがあるように感じます。

彼女は仕事中の隙間時間を活用して副業や起業の準備をしていたということです。関心ですね!!

私も本の中で紹介されている『ギブ&テイクの関係にする』という事は激しく同意します。実際に私もきちんと心がけていたつもりです。
しかし、そうすればやす田がやるのが当たり前みたいな感じになる会社はいくつかありました。

また、『飲み会は極力避けて時間を作る』というノウハウも。
でも私飲み会大好きだしwwwww
そういう場で上司や他部署の方と打ち解けて普段の業務がスムーズにできる。という事も実際にあると思います。

米山さんの勤めていた会社では、もともとの社風や同僚の方たちが融通が利く、理解があるのではという印象です。羨ましい(*´▽`*)
私が誠実に働いていても言われるときは言われます。

私が思うのは、米山さんのアドバイスは最もで、”この働きで相手も理解してくれる”というのはベストですが労働環境によっては成果は出にくいかもしれません。とても理想なんですけどね。
それでもこちらが誠実に対応していれば、周りからどう思われていてもいいかなとは思います。

正直、基本的な対応の紹介は、社会人なら大体の方が実践しているであろうことですが、仕事上周りと上手に関われていない方には真似してみて損はないと思います。

やす田
やす田
それでもやはり、実際に夢を叶えた人の言葉は重みがある。

この内容は・・・!!とは思っても、やはり実際に夢を叶えているので、何も叶えていない方からすると刺激になります。
自分はこれだけやりました!!だから叶ったよ、といわれれば『私もやるか!!』となる訳です。

実際に私がするべき事をみなおしてみた

やす田
やす田
私も一度はフリーランスを夢見た女。ニートになり時間はあるのに毎日をダラダラと過ごしがち。ここで気合を入れて再び夢を追ってみます。

イラストで食べていきたい(`・ω・´)という夢がありました。
その為複数のイラストサイトやハンドメイドのフリマサイトなどに登録をしていますがそのほとんどが中途半端(;´・ω・)
SNSもほとんど更新しておりません。
情報発信も苦手なので作品の宣伝もしていないよorz

これではいけません(´・ω・`)

なので私も目標を設定し、やる事をやって行こうかと思います。

目標・・・今年の12月までに月5万の収益をあげる

やること

  • ブログの更新
  • 作品づくり
  • マーケティングの勉強
  • 作品の発信

上記の通り複数のサイトには登録済みで作品を紹介できる環境やベースは揃っているのですがなかなか作品が少ないので作っていきます。
また作ったらそれで満足してしまうので収益を見越した発信なども同時に行っていきたいです。

実は毎日やる事リストというのを作成しているのですが、家の事や旦那のお使いはきちんとこなせていても、『作品を作る』という項目が未達です。
今月は残り半分を切っていますが、とりあえずはタスクの消化をしていきたいと思います。

みなぎってきましたぞ!!

まとめ

  • 『時間もお金も増える習慣』は実際に著者が実践したノウハウを紹介している本です
  • 内容は濃くはないものの、成功者の声として自分発破をかける材料になる

いかがでしたか。今回は『時間もお金も増える習慣』という本の紹介を致しました。
今までに紹介した本よりも否定的な感想がややありますが、だからと言って読まなくてもいいという事ではなく、人によっては参考に出来ない内容もありますよ、ということ。

彼女は働きながら学校へも行くというハードな生活をして、また出来ていた人なので、彼女と同じには動ける人はそうそういないのでは(*‘∀‘)とも思いました。
ですが逆に言えば行動を起こさない人に叶えられる夢は無いという事。
全く同じとまでにはいきませんが、真似できる習慣は真似をして成功への鍵を掴んでみませんか。

やす田
やす田
ニートなので時間は余るほどあるからあとは行動あるのみだな!!頑張るぞー!!





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。