雑記

amazonで欲しいものリストを作成しました!!作り方も解説!!

やす田
やす田
こんにちは、やす田(@88rLzZG4T1O0lI1)です。amazonには欲しいものリストという機能があるのですが、それを活用して自分用に作ってみたよ!




amazon欲しいものリストとは

amazonの欲しいものリストとは、amazon商品で自分が欲しいものをリスト化出来る機能です。登録しておくと商品が値下げした等の詳細も分かり便利です。
そしてギフト機能ですね。リストに登録しておくと、第三者が商品を購入して自分に届けてもらえる機能があります。すげー。商品の送り先を自分に設定すると誰かが購入したものが自分の手元に来るというシステムです。
私はアナログ人間なのでいつも紙にリストを書き出してたのが、こんなのあったら本当に便利♡

↑これは私のアナログリストwww雑です。

作り方

リスト作成手順については様々なサイトで詳しく公開されていますので、私からはさらっと。
尚、PCにて作業したので、スマホ版希望の方はすみませんorz

①amazonマイページから【欲しいものリスト】を作成するを選択
②リスト名を決める
③名前/お届け先など必要項目を入力
④欲しいものをリストへ追加する

①amazonマイページから【欲しいものリスト】を作成するを選択

まず、amazonへログインして、アカウント&リストにカーソルをあわせます。

すると様々な項目がでてきますので、欲しいものリストを作成するを選択します。

②リスト名を決める

作成するリストに名前を付けます。

リストは複数作成出来るので、カテゴリ別に分けると整理しやすくて便利です。
名前が決まったら、公開or非公開を選択。どちらでもOK!自分の用途に合った方を選びます。
公開OR非公開をクリックするとリストが作成されます。

③名前/お届け先など必要項目を入力

次に作成済みのリストを編集します。
右端のその他からリストの設定を選択します。

すると、管理リストが表示されるので、名前やお届け先など項目に沿って入力していきます。

※公開設定にしていると受取人名義も公開されてしまうので不特定多数の人に名前が知られてしまう為注意が必要です。

やす田
やす田
受取人をニックネームに設定し、住所の末尾に本名を入れることで問題を回避します。

管理リストをスクロールして、続きを入力します。

第三者の出品の商品の発送同意書とは、amazon以外のショップから購入した場合にそちらから発送するため名前や送り先を第三者へ開示してもいいよ!という同意書です。

やす田
やす田
受け取りを匿名希望している場合はチェックを外しましょう。

ここまでできたらリストは完成です。あとはリストに中身を入れるだけ!!

④欲しいものをリストへ追加する

好きに商品を閲覧し、欲しい商品ページの右下にある欲しいものリストに追加するを選択。

これでどんどん追加できるよ!!
これで欲しいもの忘れないように備忘録を作ろう!!

やす田の欲しいものリスト

ついでに私の欲しいものも公開(*´▽`*)
以下自分用の備忘録に♡

Too コピック チャオ 24色セット

やす田
やす田
コピックって使った事ないんですよねorz社会人になってそうだ!!イラストを描こう♡と思い立ってからはすべてデジ絵です。

上記2017年の欲しいのもリストにも堂々のランクインです。ですが未だに無いという………。ポスカとかはいっぱいあるんですけどね~。

12色でスタート!はじめてのコピックイラスト

やす田
やす田
コピック使ったことないので指南書も欲しいところ。

数あるハウツー本の中でも実際私が手に取ってこれなら出来そう!!と思った1冊。本当にコピック始めてみたいな~と思っていた頃に最寄りの書店で物色しました。その時は全然関係ないデッサンの指南書を買いましたwwwwwなんでだwwwwww

エプソン プリンター A4 インジェクト 複合機

やす田
やす田
いつもコンビニ印刷なので複合機はやっぱり必要です~。とはいいつつ場所とるから現実的ではないよね。

一応あればいいかなという程度。プリントアウトしたい時はいつも通りコンビニに行きます。
いつか家を建てる日がきたらお絵描き部屋よ作ってそこに置く!

余談

一応イラストやデザイン関係は以上なんですが、他にもキッチン用品やダイエット、美容器具なんかもリストに入れています。
それでなにがすごいかって、リストを作成した翌日に、友人からリスト内にあった美顔ローラーを貰いました!!

やす田
やす田
先日、遅めのお誕生日プレゼントとして♡

え?!うちのPCハッキングした??って3回くらい聞きました。でもすげー。ありがと~。
やっぱり欲しいと思ってるものはいずれ手元にくるようになってるんですね。自分の欲望の整理の為にも利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 欲しいものリストの作成は超カンタン
  • カテゴリ分け出来るなど脳内の整理に便利
  • 工夫すれば匿名で発送や受け取りが可能ですが100%ではないのうでリスクを負う心構えは必要です。

リストの作成は上記で説明した通り、簡単にできます。
リストに入った商品は、値下げ情報なども表示される仕組みなので、本当に欲しいものがある場合は大変便利です。カテゴリを分けて、公開OR非公開の設定もできるので、皆にみてもらう用や自分用に使い分けができます。
また、必要項目の入力で名義をニックネームにするなど工夫次第で匿名でのやり取りが可能です。但し、amazonの仕様が変わるなどした場合はもちろん、送り主が配送状況の確認を行うとだいたいの地域がばれてしまいますねorzそういったリスクもありますので自身がどこまで容認できるかという線引きが必要になります。

やす田
やす田
今年じゅうにはだいたい欲しいな~。頑張って稼ぐドン。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。